ONCE A MONTH archive 2016

◉2016年 12月

12月。
まもなく30歳になるオレへ。

幼い頃の記憶なんて数えられるくらいで、
思い起こせばはっきりした記憶は中学生になるくらいからかな。
自分の意志でギターを弾き始めてからずっとやってる。
おんなじようでおんなじじゃない事を繰り返してきて。
EGだからギターの事、だけど。
上手くなるというか、そもそも勉強嫌いだから見て、聴いて、色んな発見してきた。
それはとっくに教則本に答えが書いてあることなのに。
でも自分で発見して気付いていかないと、自分のものにならなくって。
また壁にぶち当たって。で、ずっとそれを繰り返してる。

オマエ、不器用か。

歳をとらないと出せない音、歌えないコトってあると思う。
周りの仲間がみんなそうであったように
10代・20代だからこそっていう瞬間ってもちろんあるし、
俺にもあったけれど。
そのユースな感覚の延長線上なのか、また別の方向なのか。
とにかくみんな必ずどこかへは向かうわけで。
面倒なことをきらって逃げることもできるし、たち向かうこともできる。
選ぶのはオレ。

ここまでくるのにも本当に色んなことがあった。
そしてこれからもまだまだ色んなことが待ってる。
30になるけど言えるのは良くも悪くもイメージしてた俺だった。
まあまあ、あたり。

もちろん思わぬラッキーやサプライズもあったけど、
もっともっと青年期なりの想像を巡らせてればよかったな。と、少しは今、思う。
そうすれば今までやってきたことが、少しは違う結果になっていたかもしれない。
30代、全部は嫌だけど「少し」は違う未来を見てみたい。
そのために。

何より1番の喜びは良い曲が出来た時。
聴いてる人にその想いが届いた時。
それは生きてる証。

その喜びをこれからも共有したい。
三度の飯より嬉しい。

それはなにものにも代えがたい。

30代の最後あたりにこれを読むオレへ。
こっぱずかしくなって泣いてしまえ!!
 
クッソ真面目か。

 
2016年12月30日 誕生日イヴ☆

◉2016年 11月

11月のEGです。
東京寒いっす。
先月のツイキャスは15℃と、
まだ指先カッチカチにはなりませんでしたが、これからが冬本番ですね。
暖房、加湿加湿。
皆さまも体調管理には気をつけて、暖かくしてお出かけください。

さて戦友の活動復帰からKUDANZ待望のフルアルバム出ました!
19歳の時に出会ってから
いっぱい歌って
いっぱい飲んで
いっぱい笑って
いっぱい泣いた
そういう贔屓目もあるのは仕方ない。それは置いとけないや。無理だよ友達だもの。
活動休止中も、家に遊びに行ったときは新曲が出来たらニコッと嬉しそうに歌ってくれた。
そんな風に歌ってくれた歌が混じり込んで交ざっていって、また産まれて。
やがて人の一生になっていた。
まるで必然なんだとさえ思える。
生々しくてだけど寄り添ってくれて、温かく包み込んでくれる。
次松大助さんのピアノも最っっ高だし。
アルバムにチラッと参加出来ただけでも嬉しい。ありがと。涙ちょちょぎれっす。

Band setの仙台、東京でのライヴは俺もサポートギターで参加します。
KUDANZ一員としてコーラスも頑張ります。是非観にきてください。

EGのライヴは決まってません、でも早くイイ曲作って歌いたいところです。
昨夜も夢で龍平さんと作ってた曲、
朝ベットで横たわりながらボイスメモしたけど、形になるんだろうか。
ポール・マッカートニーもイエスタデイを夢で聴いて出来たって逸話があるから俺も伝説の男になる!
変なことぬかしてないでサッと作業に戻ります!

2016年11月4日 金曜日
30まであと1カ月と27日。 EG

◉2016年 10月

どうも。
10月のEGです。

10月を迎えたところでようやく晴れ間が見え、
洗濯だ!やれ布団を干せ!と、
ここぞとばかりに溜め込んでしまっていた暮らしのクリーニングを。
がまさかの37年ぶりの猛暑。
乾いたもののここ、東京は変な気候で秋のスタートを切りました。
で、周りは風邪人だらけ。
気温と気圧の変化が原因ですね。多分。
キンモクセイの香りをすぅ~っとかげるよう、
みなさまも体調管理に気をつけてください。

さて、先月は菅原龍平さんと、
同行していただいた入間SO-SOの主人、オトンこと酒井さん男3人でツアーへ。
6ヶ所を回る割とハードなスケジュールでしたが無事完走。
ここに感想を述べると色々止まらなくなってしまうので、やめときますが、
とにかく音楽[EG]を続けてて本当に良かった。
音楽人生が報われた、そんなツアーでした。
観に来てくれた皆さん、そしてお2人に本当に感謝です。
また、必ずやろうと思います。

そして、とても嬉しい報告も。
EGの『あいたい気持ち』という曲を村上佳佑さんが歌ってくれる事になりました。
ショートVer.の映像がYou TubeにUpされているので、
観たひともいるかもですが、
やわらかく、やさしく、繊細に、素敵な声で、大切に歌ってくださっております。
まだワンコーラスしか耳に届きませんが、ラストまですんごくいいですよ。
リリースが決まったらまたお話ししましょう。

そして今年も3ヶ月を切ったわけですが、EG新曲。
とてもお聴かせできないものも含めて4.5曲ほどしかできてない…
30目前、ミュージシャンの端くれ、
いや、シンガーソングライターを名乗る身として如何なものかと!!
ライヴもまだ決まってないので、次回のライヴまで産む。
そのつもりで。秋を満喫しながら。
精進。

2016年10月7日 金曜日
秋味飲みながら、まずはきのこご飯でも炊こうか。

◉2016年 9月

どうも、9月のEGです。

夏も終わりに近づいてます。
蝉の声も少なくなってきて、スーパーには秋刀魚が並んでる。
っていうかもう食べた。っていうことはもう秋だ。

毎年恒例の伊勢海老を釣り上げた伝説男2人の小旅行は、
台風で行きたかった所に行けず…。
けど翌日の台風一過で、物凄い勢いで一気に夏を堪能。
そうめん、スイカ割り、バーベキュー、プール。
とわずか2時間ほどで無理やり満喫した。
そんな2日間の短い夏休みも終わり。

先日、リリース日が決定した友人KUDANZのアルバムも楽しみだ。
今回一足先にYouTubeにUPされた『最後の江ノ島』、これがまたヤバい。
絶対聴いたほうがいいです。
前に玄さんの家で飲みながら歌ってくれた時からすごい良かったのですが、
次松大助さんのアレンジも含めてさらに良くなっている。
今回のアルバムには、俺も呼ばれてちょこっと弾いてきています。
この作品に関われて、とても光栄。

そして、いよいよ今月から始まる、
EG&菅原龍平のフォークシンカーズ『上を向いてアルコール』ツアー。
に、向けての最終リハも終わり、後は楽しむだけとなっております!
グッズも今大至急作っているところでございます!
2人のユニットを充分堪能できるセットリストになっておりますので、
あなたの街、俺の街、初めての街、
大いに歌いに行きますのでよろしくお願いします!

最後に、
今年の8月。どんだけお酒を注入したかはっきりしない曖昧な記憶の中。
なんとなくメモっておきました。
暑さ対策の水分摂取です。

1(月)麦とホップ2本でおさめようと思ってたけどもう1本
2(火)グリーンラベル500ml
3(水)グリーンラベル350ml、 ホッピー1本中3、ウイスキー1杯
4(木)グリーンラベル350ml
5(金)グリーンラベル500ml・350ml、ウイスキーロック3杯
6(土)ノンアルコール!
7(日)ホッピー1中3、レモンサワー2杯、ビール1杯半
8(月)グリーンラベル500m、ウイスキー1杯
9(火)グリーンラベル350本2500さんぼん
(もはやメモが酔っていてなんなのかわからない)
10(水)グリーンラベル500ml 2本、ハートランド1本、ウイスキー3杯
11(木)グリーンラベル350ml3本、日本酒3杯
12(金)黒ラベル、ビン2本
13(土)ノンアルコール
14(日)瓶ビール1本、日本酒3杯
15(月)ノンアルコール
16(火)ノンアルコール
17(水)ノンアルコール
18(木)グリーンラベル350ml 3本
19(金)ホッピーワンセット、ハイボール 赤玉パンチ
20(土)グリーンラベル500ml
21(日)グリーンラベル350ml
22(月)ノンアルコール
毎年恒例の小旅行にて
23(火)24(水)ダラダラと金宮を割って2人で一升を空ける
25(木)ノンアルコール
26(金)グリーンラベル500ml、名古屋御当地ビール、本搾りグレフル350ml
27(土)グリーンラベル500ml
28(日)焼肉、食べる方に専念する。生ビール1、小ビール1、ハイボール1
29(月)そばを召しながら友達と瓶ビール2本
30(火)赤羽のスタジオで脇山さんと軽く
31(水)ツイキャスで淡麗500mlからのダンダダンでホッピー1本中3

2016年9月9日 金曜日 控えめなオトコ

◉2016年 8月

8月のEGです

夏、いよいよやってきました。
スイカバー。みょうが。とうもろこし。とまと。そうめん。キンキンのホッピー。
絶賛夏バテ中。
東京はそこら中で花火大会が打ち上がっておりますが、
おれも毎晩打ち上がりたいくらいビールを飲みたいです。はい。

ライヴのない8月へと突入してしまいました。
生きてる実感が湧き上がるライヴ。
これがないのはどうも調子が狂うのですが、
新しい曲を産み出す月にしたいと思います!

さてさて9月に決行される菅原龍平さんとのツアー
『フォークシンカーズ 上を向いてアルコール』。
に向けて2人の新曲も制作中でございます。
龍平さんも忙しい合間を縫ってEGの巣にいつも来てくれて、
飲みニケーションでアイデアをまとめていたので進行が強烈にスムーズ!
もうまもなく仕上がります。
R&Rでシンプルなラブソングになりそう。
向かう方向が決まるとゴールまでが速い。
共作曲がまた増えます!
10年前の俺に教えてあげたい。
10年後に龍平さんと曲作ってるよって。
2人でツアー回るんだよって。
少しでも興味ある方は是非観てほしいのでどしどしご予約お待ちしております!

俺も自らの新曲を汗だくだくでとろけそうになりながらも、
ギターをかきかき鳴らしてコツコツやっております。七転八倒の日々。
七転び八起き!ツアーには必ずお披露目しますんで!
そこも楽しみにしていただければと。自分を追い込むケツバット、振ってますんで。

今月はそろそろ脇山さんにも会いたいのです。
ウカスカジーなど、とにかく引っ張りだこドラマーですが、
出会った頃に「EGくんはエピフォンのカジノとか
ギブソンの335とか箱モノのギターが似合いそうだね」。
という風に言ってくれていた。
自分自身もずっと憧れのギターだった。
単純に見た目超カッコいいし、
普通のエレキギターと違くて「fホール」というアナがあいている。
アナの名前までカッコいいし。
音が空気に触れることによって温もりが出るので、
指で弾くニュアンスが出やすい。
これがドラムと合わさったらヤバいんじゃないかと。
お借りしてる335を弾きながらホワワワ~んとイメトレしてニヤける日々。
どうにかこうにかスケジュールが合えばというとこまでしか決まってないけど。
赤羽いきたい!ていうか久しぶりに飲みたいし!

という具合に俺の夏は、20代最後の夏は、過ぎていくのです。
そういえば、7/31のEG TV。
新宿で警備員の再三の勧告にも負けず、
夏歌で攻めまくる模様もアーカイブあるので是非ご覧くださいませ!

それではみなさん水分補給を忘れずに体調にお気をつけて。
この凄まじい夏を乗り切りましょう!
始まった! オリンピック。
始まった! 甲子園!

2016年8月8日 真夏の夜の事

◉2016年 7月

どうも7月のEGです。

梅雨が梅雨らしくなく、水不足、今年は猛暑が激しい。
などなど、ことごとく脅かされてばかりですが、
なんとか東京の夏を、あの蒸し暑い夏を乗り切ろうと
必死に今日もミョウガを刻んでおります。
いや、ギターを爪弾いております。

6月の平泉光司さん、菅原龍平さんとの白熱した2本ライヴを乗り越えて、
先週、我が故郷仙台パークスクエアにて燃え上がってまいりました。
パワーアップからのレベルアップ!してきてると思っております。
カン違いだったら恥ずかしい。

そしてパークスクエアが来年で閉店ということにショックを隠せない。
まさに、EGを作った、リアルにホームグラウンド。

しかも理由が「騒音」だなんて…。
基準値はもちろん越えていないのに、それでも何かと苦情をつける大家。
上の階には騒音計まで設置してあり、今すぐ出て行けと言わんばかり。
ホントに憤りを感じた。
全ては大家さんが変わってからの出来事だそう。

関わる人が変わっただけでこんな風に世の中は変化する。
政治もそうだと思う。上に立つ人が変われば確実に変わってく。
なくなって欲しいもの、なくならないで欲しいもの。守っていきたいもの。
それさえ自分の中でハッキリしてれば自ずと答えは見えると思う。
誰でもいいなんて言えないし言わない。

話はそれたけど、来年の閉店まで、
パークスクエアにはできる限り歌いにいきます。

今月のライヴは7/15の下北沢ラグーナ。東京一本。
秋口の菅原龍平さんとのツアーに向けての詳細も固めているところ。
お楽しみに!

2016年7月7日 七夕 この夏、初エアコン入れました。

◉2016年 6月

ごきげんよう。
毎度毎度遅い更新で申し訳ないです。

東京は今日は雨、ジメっとした部屋でギター達の悲鳴も聞こえてきそうなほど。
助けたいけど、このくらいでへばってちゃいかんぞと熱血お父さんの気持ちも同居しており。
どうにももどかしい季節です。
や、実際ギターには湿気は天敵なんです。

さて、早くも今月の山場を越えつつあるEGです。

まずは平泉光司さんとのエレキギター対決!
我流の俺のギターが敵うかとヒヤヒヤしてたのですが、
リハーサルで初めて音合わせた時に、
あーこんなにセッションて楽しいものなのか!と。
高校時代、ギターとROCKしかない!
俺の気持ちをわかってくれる奴なんてどこにもいないんだ!!
と、反抗期真っ盛りなガキンチョだった自分がやっと報われたようなセッション。

2人ともジムビームをストレートでちびちびやりながら、ギャインギャインとポロリポロリ。
ギターでずっと会話をするという異例のリハ。
たまに織り交ぜてくる平泉さんの不思議なコードの響きに毎回驚かされました。
打ち上げがてら平泉さん宅にあがり込みギターを弾きたいと思う。
またライヴもやると思いますので是非来てください。本当に面白いから。
筋書きのないドラマが、またひとつ。

そしてそして、まだ皆さんのもとには届かないですがプリプロに。
先月ドラマー、脇山さん宅で2人で作り上げたデモ音源をもとに
魂の歌声を吹き込んでまいりました。
1年半振りのくらいの青山のスタジオでのプリプロ。
いつもワタワタして何から手をつければいいのかわからなかった俺も、
いつの間にか落ち着きという大人な技を手に入れていたらしく。
成長したなぁと思いながらやってたのですが、
結局終わるころには声も枯れ集中力も切れまだまだだな、と。
4曲録ろうと意気込んでたのが3曲までしか進めず。
ひと段落した気持ちと同時にまた新曲を作って録音したいなという気持ちになってきた。
この気持ちは永遠なので、今後もガツガツやっていこうと思う。

そして、年一恒例、菅原龍平さんとのライヴ。
月一の結集会で2人でちょいちょい企んでるものを出していこうと思います!
間違いなく、グットミュージックが響きます。

菅原ブラザーズのライヴは毎年できて本当に嬉しい限りです。
忙しい中、ウチに来てくれる龍平さんにも感謝してます。
面白おかしく音楽、人生、モノマネ、のいろはを教えてくれる。
これが、30歳を越えていくというコトなのでしょうね。

さて、オトナのテクニックを磨くべく。335弾こうかな。
あと、モノマネの個人練を。

2016年6月13日 月曜日 降ってるなあ、今日は。

◉2016年 5月

こんにちは5月のEGです。

ゴールデンウィークも終わりを迎え、普通の日常へ戻る。
バンバンバカンスを楽しんだ皆様、お仕事だった皆様。お疲れっす。
おれは後者。圧倒的に後者。

ですがちょっとだけ赤羽の基地。
脇山広介スタジオへおじゃましてきました。

何曲かデモ音源を制作。
真夜中とリズムとPCに強い脇山さん。
真夜中とリズムとPCに弱い俺。
結局明け方らへんまで一緒に頑張ってもらってしまい、
脇山さんのセンスと鼻歌により、
かゆいところに手が届きそうかなというベースラインも入れてきました。
ベースは難しい。
ソツなく熱くみたいなニュアンスがまぁむずむず。
お披露目できる日はくるのでしょうか。
まあ、くると思うケド。

そんなこんなで5月も中盤戦。
次なるミッションはジャンケンライヴです。
先日のお花見ツイキャスの連敗感トラウマが抜けず。。
健太郎さんの曲はもう鉄壁ギターマンですが、
リハ時にも健太郎さんが隙を見せたらすかさずジャンケンする練習。
これが1番大事なような。
5月ライヴはこれ一本なのでなんとしても勝たなければ!!
また色々なツールを含んだバラエティに富んだライヴにするので、
是非生で体感しにきてください!!
次のジャンケンライヴはいつになるかわかんないんで。

母ちゃんへ
母の日なんもしてやれなくて申し訳ないけども産んでくれてありがとう。
お金も余裕もないけど音楽してたら素晴らしい仲間と出会えて、
元気もりもりでなんとかやっております。
いい歌これからもいっぱいできる予定!なので、
今度仙台帰ったら祝いましょう。

くらいの事は言えたかな。
 
2016年5月9日 月曜日 あなたの息子 達哉より

◉2016年 4月
どうも。こんにちは。

花粉が噴火する季節ですが、みなさまいかがお過ごしですか。
挨拶どころじゃねえよ。っていう、
エマージェンシーな方も多いと思いますが、
俺全然平気なんで、そんな折、野外企画を。やってきました。

毎年恒例行事となってしまった、
アナログフィッシュ佐々木健太郎パイセンとのお花見ツイキャス。
酒を酌み交わしつつ、
5.19に開催されるジャンケンライヴのデモンストレーションを兼ねて。

やー。本気でジャンケンしたのですが、まさかのボロ負け。
ぁあ何回負けたのかはアルコールと一緒に
記憶が都合良く飛んでいってくれたんでよかったものの、
本戦で起こったらたまったもんじゃない。
次回のジャンケンライヴは荒れる。間違いない。
前回に引き続き、飲み会でも頼りになる存在!
つばきのおかもとなおこさんをサポートドラムにお迎えします!
嵐のジャンケンライヴだよ、きっと。
コエー。乞うご期待

さてさて春。
春と言えば新生活。
なのでため込んでたリハ、デモ音源集を
ドヴァッ、ズバっとマネージャーに送りつけたのですが、
自分では、これはもしかしないなー、ひょっとしないなぁーって曲も興味を示してくれて。
ちょっと角度を変えれば世界は美しい。
的な目線で新しい歌も産まれる、かも。
いや産むんだぞ。俺。
眠いケド、春なんで。

そして、今月のライヴは大阪 南堀江knaveにて
EG×脇山広介でやってまいります。
hevenstampと2マンなので時間はたっぷり、
演奏はどっぷり深いところまで浸かって参ります。
脇山さんとも出会って1年。
お互いの手の内をうまーく見せ合って、
曲バリエーションも増えてます。
なにより、映画にしても音楽にしても、
脇山さんからもらってるものはスゴい多い!
あたらしいトビラがパタンパタン開いて行くのは、マジ快感。
みなさまにも是非、見て欲しいです。
ホント。

というわけで、今日が満開なのかな。
桜。
あっという間に夏になりそうですが、
みなさま今月もお元気で!

2016年4月3日 日曜日 ジャンケン練習中。

◉2016年 3月
3月11日。EGです。
俺は元気。

俺の地元を直撃した震災から5年が経ちました。
仙台。震災前からずっと掘ってた工事もようやく終わって新しい地下鉄ができた。
震災後に生まれた友達の子供も随分大きくなった。
その後も世界中で大きな地震が起きているけど、
生きていく上で自然を相手に暮らすことは必須で、
そのためにもいつだって「まけねーぞ」の精神で元気にしていたい。
 
だけど、津波が大きく押し寄せた場所にあたらしく学校を建設してる所もあったり。
なんで今、どんな都合で、そんな場所に学校を建てるのか俺には全然わからない。
何も言わないとデカイ顔したオッさん達の都合のいいように回ってしまう世の中。
俺はそんなの本当に嫌だ。

だから、意見は持って、ちゃんと発言したいと思う。
そこで沢山、人が死んだんだよ。
そんな場所に人を集めてどうするんだ。

これから先、俺もどうにか音楽を作って歌っていきたい。
震災のあとにそれを決めた。
どうこの先に進むか。
狙って音楽は作れないけれど、
まだまだやらなきゃいけないこと、やりたいこと、
自分でやれることをやって行く。
その先を見て。
「まけねーぞ」。

https://youtu.be/gEXukDvubLg

2016年3月11日 EG / 菅原達哉

◉2016年 2月
ども、2月のEGです。

「私を構成した9枚のアルバム」。見ますね。ちょいちょい。
そこまでのカンジにはなりませんが、
今月は趣向を変えて、
「ひっそり枯れた青春時代を希望の光で彩ってくれたアルバム」。
を、ここで紹介したいと思います。
とりあえず、第一弾。として。

BLANKEY JET CITY「国境線上の蟻」
中学校の頃KinKi Kidsと村下孝蔵ばっかり聴いてた俺に、
高校で再会した幼馴染みに借りたこのアルバム。
中学の時に好きな娘にモテたい一心で始めたギター。
ベンジーのビリビリ鳴るグレッチをマネて、
6時間弾いてみたが右手の親指に水膨れができた。だけ。
ピック使えよってハナシですがこの頃から指で弾いてたんですね。俺。
「水色」は名曲。

The Who「SINGLES」
別の友達のアニキから、
ベストだけどこれは聴いた方がいいと渡されたThe Who。
これも衝撃だった。
もちろんマイジェネレーションそうだけど、
俺の〇〇ベイベーって曲ものちのち聞くと、
おやおや??って具合に似てしまったとある曲も入ってる。
パクったんじゃないよ。オマージュ?いや、そんな上手くもない。

初恋の嵐「初恋に捧ぐ」
初恋の嵐はずっと好きだ。
知った頃には西山さんはいなかったし、
このアルバムは部屋が軋むほどCDコンポの音量を上げてひたすら弾いて歌ってた。
当時の団地の方々には深くお詫び申し上げます!!と思いつつ。
この衝動は止めらなかった。
実際このアルバムを聴いて、
何としてでも自分が想ったことは歌に残しておかなきゃなって思ったんだ。

エレファントカシマシ「風」
様々なヒット曲がありまくるエレカシだけど
『扉』と『風』はおれの中でちょっと違ってて。
今までエレカシが好き、声が好きってカンジだったけど、
この時の宮本さんを聴いてもう宮本さんそのものが好き!という気持ちになった。
音楽ってカラダの内側から外側から全てをさらけ出して伝わってくるもんなんだなって
本当に泣きながら聴いてたアルバム。
こんな軽く書いてるけどマジで励まされたアルバム。

大瀧詠一「ファースト」
そんなこんなでようやくギターも弾けるようになってきた頃に出会った。
ナイアガラの確固たるスタイルを築き上げる前の大瀧さん。
はっぴいえんどもそうだけどもギターのコードの当て方だったり、
耳コピ大好き人間にはたまらなかったこのアルバム。
「水彩画の街」「乱れ髪」なんかは30秒ずつ巻き戻して弦1本1本の音を確認しながらコピーしたなぁ。
1曲聴くのに2時間くらいかかってた。そんな俺の教科書。

The Storokes「IS THIS IT」
これも衝撃だった。イケメンだしファッションをマネて古着漁ったり。
どこかルーリードっぽい歌声、
あたりまえだけど一人一人の音が立体的に聴こえる。
バンドやりたいなって思ってメンバー募集の貼り紙もしたけど全っっ然こなかったなぁ。
レイドバックしがちな趣向の中で、新しい音楽だった。

といった具合に、とにかく高校時代からバイト代はほとんどCDに使い果たしてた。
もちろん、ニューヨークパンクにフォーク。
掘り起こせばまだまだあるけど、
厳選した「EGを作る素」アルバム達でした。
元々アルバムとしてではなく1曲好きになったらそればっかり聴いちゃう人間なので、
アルバム単位で、となると俺にはちょっと難しいなー。
かと言って1曲挙げろって言われたら、それはそれでメチャムズだけど。

今も果てしなく音楽は溢れている。
本当に感情を豊かにしてくれる。
色々な気持ちを洗い流してくれる、露わにしてくれる音楽って
みんなにとってもそうそうないかもしれないけど、
できるだけ受け入れる口は広くありたい。そう思う。
これからもたくさん出会っていきたい。ぜ。
いや、作るって話だぜ!

では、また来月!

2016年2月3日 奥さん!節分の次はニクの日ですよ!

◉2016年 1月
2016年、1月のEGです。

年末の仕事ラッシュも無事終わり、
散らかり放題の部屋と、
積もり積もった洗濯をしてホッと一息ついてる所です。

先輩達が祝ってくれた12.31バースデーライヴ。
リハーサル一回で合わせたのですが、めちゃうまい!!
のは当然のことながら、
公園で駆けずり回る子供のようにみんな物凄く楽しそうに
アイディアを出し合いながらセッションしてる姿は、とても刺激的でした。
いつまでもあんな風にいたいなぁ、と。

あと、みなさんからいただいた誕生日プレゼント、嬉しかったな。
大事に使わせていただきます!

豪華濃密セッションからの
はっぴいニューイヤーからの打ち上げ〔朝まで〕。
まさかの松屋でカレー牛で締める。
気持ちよく締めくくりましたが、
ストマックはくったくたでした。

ツイキャスは残念ながらアーカイブは残してません!
一応セットリストを。

1. 教科書通りのフォークソング〔菅原龍平〕
2. 汽車〔EG〕
3. ファクソンジャイヴ〔佐々木健太郎〕
4. 春よ来い〔はっぴいえんど〕
5. in my life 〔ビートルズ〕
6. The weight 〔The band〕
7. Don’t look back in anger からのなごり雪 〔oasis〕
というスペシャルセッションでした。

さて29歳になって新年早々ゆるやかに過ごしていますが、ライヴも決まっています。

22日下北沢440
EG×脇山広介は今年も続けていきます!
未知なる可能性を秘めた2人。
まだ脇山さんに聞かせてないですが新曲もやります!

24日町田まほろ座
佐々木健太郎ソロバンドにてギター弾きます!
パイセンの金色の心を見習いながら修行!

28日下北沢ラグーナ
EGでのライヴですが、
20代最後の今、ようやく安定したライヴができていると思っています。
様々な人達と演奏した中で、1人で鳴らす音楽。
それを身体に染み込ませて
歌い上げて生きたいと思っております!

改めて今年もEGをよろしくお願いします!

2016年1月5日 やっと日常が戻ってきた。

*2009年5月から続いているOnce a Month アーカイブはこちらから