Once a Month

こんにちは。EGです!

桜舞い散ってるぜ東京。
絶賛満開中でございます(執筆時現在)。
花見らしい花見はしていませんが
近くの川沿いを赤ワインを忍ばせ散歩したりしました。
外で飲むとあんまりいい酔い方しないような気がするんだよなぁ。
寒いからかなぁ。
東北はまだもうちょいだな。

さて、今月はライヴが3本。

◎4/16 入間SO-SO フォークシンカーズ
菅原龍平さんとのフォークシンカーズでの曲作りは1人の時と違う。
「2人でこの曲みたいな歌作りたいね」っていう感じで、
気づいたら1曲の中に5~6曲分くらい好きなもの詰め込んだりしてて、
それがむちゃくちゃ楽しい。
新曲間に合うかなぁーって感じだけど、
今あるベーシックがカタチになったら、超名曲になる予感しかしない。
間に合うかなぁー。

◎4/17 下北沢440 EG×脇山広介
2人でできるのがこちらも楽しみ。
弾き語りだとなんか足らない曲が眠ってたり、
引き出しの奥にしまってあったりするんだケド、
このユニットだと、その場で2人でジャムったり完全にバンドみたいに作ってる。
それが、個人的にすげーレア。

で、今回は共演に「ギターの師匠」
平泉さん、塚本功さん(まだお会いしたことがない)。
かなり、グっとくる夜になりそう。

◎4/30 ARABAKI ROCK FES. KUDANZ
アラバキ。
去年から本格的にサポートを始めた、KUDANZ。
今回はバンドではなく2人体制でやります。
オファーをもらったトキは、てっきり、
大尊敬しているピアニスト次松大助さんも一緒、と思っていたんですが、
電話がきまして、KUDANZ x EGでやることになりました。
新曲も素晴らしいし愛情を最大限に出してKUDANZしてきます。

考えたら、今月のライヴは全部2人UNITだ。
まあ、こんな月もあるか。

なんか俺の新曲もすこーーしずつ密かーーに出来てきてる気がするので、
とりあえず桜の木の下で鼻歌を歌ってこようと思う今日この頃。
 
では、また。

2017年4月11日 雨ふってんなー。おい。

*2009年5月から続いているOnce a Month アーカイブはこちらから